2010年1月19日火曜日

2010.1.21 ~~~ 2010.1.28 @ M_ Johannes C. Büttner from Berlin Exhibition's " The things that Dreams are made of "

ドイツはベルリン出身、ヨハネス・C・バトナー の日本(東京)初の個展を1月21日から28日まで、 "M" にておこないます。

ベル リンを中心に発行されている ART, FASHION CULTUREと政治をとことん扱う HATE MAGAZINE のアートディレクターを勤めるヨハネスのアートワークは、Basso and Deep 等の雑誌に起用され、レコードレーベル Cheap and Deep のアートディレクターとしても活動中。常に、 ”写真”、そして ”グラフィックデザイン” というフィールドで、彼は新しい刺激と技術を求め続けて来ている。

初日の21日(木)は、個展のベルニサージュをおこなうと同時に、オークション形式でヨハネス・C・バトナー の作品を売ります(お手軽価格!)


Johannes C. Büttner lives and works in Berlin. He is the art director of Hate Magazine, a Berlin-based publication that explores the confluence of art, fashion, culture and politics. Johannes' artwork has been published in magazines such as Basso and Quart, and he presently works as the art director for the record label Cheap and Deep. He is constantly searching for new expressions and techniques to explore in the fields of photography and graphic design. In Tokyo, he has been digging beneath the surface to find unique forms of camp to inform his photographic aesthetic. With his partner Wesley Walters he collected some new pieces all over the city. These and some older works he will show at M.