2010年10月9日土曜日

Polyphony 2010.10.14 (thu)/ M Daikanyama 代官山 M


corde and dublab present
Polyphony
supported by Creative Commons Japan

2010.10.14 (thu) @ Daikanyama M (03-6416-1739) www.m-event-bar.com
open / start 19:00(〜26:00)
entrace 2,500yen / 2,000yen(with flyer) / 1,500yen(10/15のTurn On The Sunlight@UNITの前売券持参の方)

DJ:
Carlos Niño
Kutmah
Frosty (dublab)
Coffee&Cigarettes Band (Kensei & Sagaraxx)
Hashim B.

Live Screenprinting:
Hit+Run

Special Screening:
Secondhand Sureshots


2009年、dublabとCreative Commonsの共同企画“INTO INFINITY” (intoinfinity.org)をきっかけに、ロサンゼルスと東京、札幌を繋ぐアート・ アクションが始まった。2010年は、それぞれの出会いから生まれるものを形にし ていく“Polyphony”という場を設けて、dublabに深く関わってきたカルロス・ ニーニョ、クートマ、HIT+RUNを招き、人と音、そしてビジュアルのさらなる交 流を促進する。Coffee&Cigarettes Bandは“INTO INFINITY”に集まったループ音 源のみを使って初のライヴミックスを行ない、HIT+RUNはTシャツへのライヴ・ス クリーン・プリントを披露し(プリントしたTシャツは当日その場で販売! プ リントするTシャツの持込も歓迎!)、 昨年話題を集めたdublab制作のドキュメ ンタリー『Secondhand Sureshots』の特 別上映も行なわれる。そして、もちろ ん素晴らしいDJプレイが空間を彩る。カル ロスが率いるTurn On The Sunlight 来日公演のプレパーティでもある一夜。



Carlos Niño
スピリチャルなジャズ・コレクティヴBuild An Arkをはじめ、Life Force Trio、Ammoncotactなど、数々のプロジェクトで知られるロサンゼルスを代表す るプロデューサー&DJ。ファラオ・サンダースからDJシャドウまでジャンルを横 断してさまざまなアーティストと交流を持ち、各種の重要な音楽プロジェクトを 実現してきた。近年は、LAサウンドのコンピ『The sound of L.A.』や故J・ディ ラの追悼プロジェクト『Suite for Ma Dukes』の制作でも話題を呼んだ。自身の ラジオ番組「Spaceways」をKPFK FMで15年以上も続け、世界的に注目を集める ネットラジオ局Dublablの設立にも関わっている。

Frosty
99年にスタートしたロサンゼルスの音楽ネットラジオ局dublabの主宰者であり、 DJやアドヴェンチャー・タイム(デイデラスとのユニット)の活動でも知られる LAを代表する人物フロスティ。デイデラス、カルロス・ニーニョ、ノーバディと いった現在のLAの音楽シーンを牽引するアーティストがdublabの設立をサポート し、フロスティのオープンなアイディアの元に、音楽のみならずアート・インス タレーションから子供のためのワークショップなど、単なるラジオ局の枠を超え た創造的な活動を繰り広げている。昨年は、Creative Commonsと組んだアート・ エキシビジョンINTO INFINITYを日本でも展開、またサンプリング音楽への愛情 とサウンド・リサイクルに焦点をあてた映像作品『Secondhand Sureshots』でも 話題を集めた。
www.dublab.com
intoinfinity.org

Kutmah
LAのビートメイカーから入手した1万3選曲以上ものエクスクルーシヴ・ビートを 武器に、常にフレッシュなDJプレイを披露するKutmah。一つのスタイルに捕らわ れず、ダーティなビート、ヒップホップ、8ビット・パンク、ダブステップ、サ イケ・ロック、ローライダー用のオールディースを縦横無尽にミックスするので 常に注意して彼のプレイを聴く必要がある。音楽好きなら、彼のプレイを聴いて いると何度も「何だコレ?」と言いたくなるはず。2004 年に伝説的なLAのイベ ントSketchbookを立ち上げ、そこでフライング・ロータスが初のライヴを披露し たり、デイデラスが定期的に出演し、カルト的人気を博した。彼らは今では世界 的ミュージシャンとなったが、LAでビートとエレクトロニック・ミュージックを 融合させた初のイベントだった。エジプトとイギリスのハーフである彼は、今年 アメリカからイギリスに強制送還され、22年ぶりにアメリカ国外を見ることがで きるようになった。
www.kutmah.com

Coffee&Cigarettes Band
DJとしてのスタンスにこだわる自分達がプレイしたいトラックを作りたいと、 2006年、
六本木Roots Nで毎月第4火曜日に開催していたイベント"Coffee & Cigarettes"
(現在はイベント一時休止中)でDJしていた、KenseiとSagaraxxの2人が中心とな りスタ
ート。互いに東京で生まれ育ち、毎晩DJとして、東京の街の音を作っている彼等 の感覚が、自然フィートバックされたトラックは、周りのDJ、ミュージシャン、 アーティスト達に好評を得る。又アナログに対する質感を大切にしながら、今 鳴って面白いと思う音を追求し楽曲制作を行う姿勢は、80年代後半〜90年代の HipHop〜AcidJazz〜DanceMusicの"ベースにあった"Jazz、Funk、Soul、Rock、 RareGroove等を(多種多様に)取り込んでいく、自由でオープンなスピリットに通 じる。現在、アナログ12inch<Step>(roots1)、7inch(tribe)、 V.A/RootsN(roots1)、Bontako EP、Rudimentsレーベル CD「Basterd Jazz presents JAZZ LOVES DUB」(Remix楽曲参加)&Rudimentsスプリットシング ル"Jazz Loves Dubs E.P"、 V.A/Freedom Sunset(cd)2008(楽曲提供)、2009 年、自身のレーベルElectricRootsより、1stCDアルバム"love thing"、mix cd シリーズ"electric roots fm"、12inchシングル"electric Roots/001"等々を精 力的にリリース。そして、2010年1月にはアルバムの楽曲から派生して制作し た"Love thing e.p"も発売(中でも京都のバンドSoftによる"love thing"のライ ヴカヴァーが好評で、数々のD達のMIX CDに収録される)。2010年8月"12inchシ ングル"electric roots ep2"リリース予定。Coffee & Cigarettes Bandの楽曲は、
オープンで創造的な音の世界を再生させ、自分達が生きる日常に心地良い風を注 ぐであ
ろう。現在、毎月第一金曜日にレギュラーパーティ"school"を Aoyama-hachiに て開催中。

Hashim B.
日本の音源のミックス『Fu-Ka-Kai』でも話題を集めたdublabのレジデントDJの 一人。CappablackやIll Suonoのメンバーとして、disques cordeとベルリンの scapeからリリース。2007年からLAでDJ、トラックメーカーとして活動。通訳や コーディネーターとしてLAと日本の橋渡し的存在としてもシーンに果たす貢献も 大きい。

Mike Crivello (HIT+RUN)
日本人とイタリア人の血を引くマイク・クリヴェロは、幼少時代から多様性を意 識してきた。国際的な環境の中で育った彼にとって、世界中を旅したり、世界の アートからインスピレーションを受けることが多く、地理に視野を制限されたこ とはない。10代は南カリフォルニアのサーフとスケート・カルチャーに没頭して いた彼は、多くのカリフォルニアの若者と同じように、スリフトストアで古着を 買い、音楽にのめり込んでアイデンティティが形成されていった。80年代初期か らアート、ファッション、音楽が衝突しあって新たなストリート・サブカル チャーが誕生し、若いアーティストだったクリヴェロはそこから多大な影響を受 けた。2005年の秋に親友でありアーティストでもあるブランディ・フラワーと組 んで、二人はHit + Runを立ち上げた。Hit + Run名義で、彼らはカスタムTシャ ツラインを発表し、イベントでライヴ・スクリーン・プリントをするようになり 話題を呼んだ。ミュージシャンにとってライヴが表現の場であるのと同様に、 Hit + Runはイベントでスリリングなスクリーン・プリントを披露する。Hit + Runはレコード・リリース・パーティー、アート展のオープニング、音楽フェ ス、コンサート、新商品の発表イベント、インストア、映画やテレビのプレミ ア・イベント、ストリート・イベント、ワークショップなど、あらゆる環境でス クリーン・プリントを披露してきており、ファンはそこでしか生まれないユニー クな限定プリントを手に入れることができる。www.thehitandrun.com

Special Screening:
Secondhand Sureshots
レコード・サンプリングへの愛情とサウンド・リサイクルに焦点を当てたdublab 制作のドキュメンタリー『Secondhand Sureshots』を再び特別上映! LAを代表 する4人のビートメイカー&DJ(デイデラス、ノーバディ、J・ロック、ラス・ G)が5ドルでゲットできる5枚の中古レコードから曲を作るというミッションに 挑んだプロセスを収めた話題の作品。ジャケット制作を手掛けたのはHit+Run!